少し前に、自宅の洗濯機をドラム式から縦型に変えました。それに合わせて、乾燥機も単体で買いましたが、「縦型洗濯機と乾燥機のセパレート使い」は、小回りがきいてなかなか使い勝手がよく、僕のコラムを読むような洗濯好きな方には是非オススメしたいフォーメーションです。

現在、我が家の洗濯スペースはこんな感じ。

img_6454

 

|乾燥機を買う時は、大きめを選ぶ。

今回、僕が自宅に導入した乾燥機は日立さんの「DE-N60WV」。

なぜ、この機種にしたかというと、100Vで使える中で一番大きなサイズがこれだったから。6キロ乾燥できるのは、「DE-N60WV」しかなかったのです。

僕は、賃貸住まいなので、家の設備を色々いじることに制限があります。そのため自宅における乾燥機は100Vのものに限られる。その中で、一番大きいサイズを選ぼうとするとこの「DE-N60WV」一択でした。持ち家や、200Vを使えるということであれば、他にも選択肢が出てくるんですけどね・・・

img_6441

 

乾燥機を使うときのコツは、ドラムの中で衣類がしっかり動き回ること。しっかり動き回ると、服のシワは少なく、タオルなどはふっくら仕上がりますから、乾燥機の容量は大きいことに越したことはないのです。それに毛布などの大きな洗濯物も乾燥しやすくなりますしね。

だから、乾燥機を買う時はできるだけ大きいサイズを選ぶことをオススメします。

 

 

|肝心の使い勝手は・・・・

使い勝手はとしては、しっかり・ふっくら乾くので、乾燥の品質に関しては文句なし。けっこう気に入って毎日使っています。

前に使っていた、ドラム式洗濯機の「ビッグドラム」も乾燥品質が良かったので、乾燥に関して、僕は日立さんに一目置いています。

 

ただ・・・

デザインがダサい・・・(笑)

もうちょっと、ボタンとかかっこよくしてよ〜・・・(涙)

 

ベタベタ説明書きのシールを貼るんじゃない!そして貼っているシールが曲がっているじゃないか!!

img_6437 img_6438

適当に貼ってるでしょこれ!!

せっかく乾燥の品質いいんだから、こういうところもこだわってくれー!!!

ということで、我が家のは説明書きのシールはすべて剥がさせて頂きました。ちょっとお顔がスッキリ(笑)

img_0046

|ふっくらタオルを作るのに、乾燥機に勝るものはない

乾燥機はただ乾かす道具ではありません。いわば洗濯においては、アイロンと並ぶ「仕上げ機」です。特にタオルのふっくら感を出すには乾燥機に勝るものはありません。

これは、実際に乾燥機で乾かしたタオル(左)と、普通に吊るし干ししたタオル(右)。

img_9055

これだけふっくら感に差が出ます。

乾燥機使用。

img_9052

 

吊るし干し。img_9053

パイルの起き上がりと整列具合は、乾燥機を使ったほうが断然いいです!

 

|Tシャツなどには「ちょこっと乾燥」を

干す前に、手でカタチを整えて干すことで、シワとかもだいぶ解消されますが、それの代替として乾燥機をちょこっと使うとシワの解消に非常に効果的でオススメです。

これは、脱水後軽く手で整えて干したTシャツ。

img_9075

img_9077

 

 

これが、10〜15分だけちょこっと乾燥をしてあげると・・・

かなりシワが解消しているのがわかりますよね!?

img_9089

 

img_9090

 

おそらく、ほとんどの乾燥機には、このちょこっと乾燥が出来るコースがついていると思います。日立さんのにも「干す前コース」というコースがあり、これを使うと10分間だけ乾燥してシワをほぐしてくれます。「ちょこっと乾燥」した後に干すと、乾き上がりがだいぶ変わるので、乾き上がりのシワに悩んでいる人には特におすすしたい使い方です。

img_9905

 

 

 

|その他オススメの乾燥機

他にもオススメな乾燥機を、ご紹介したいと思います。

僕が、センタクスタジオで使っているのは、Mieleさんの「T8823C」。img_5571

 

Mieleの製品らしく、ミニマルなデザインで美しい。。200Vの電源を使えるのであれば、この美しさだけでも買う価値ある。DE-N60WVの6倍くらいの値段ですが、Mieleの製品は洗濯機そうですが耐久性に関してかなりしっかり作ってあり、屈強という印象が強いです。

fullsizerender-12

 

Mieleのドラム式の洗濯機と同様、ドラム内はハニカムドラムという蜂の巣状の形状をしており衣類に負担がかかりにくい設計になっています。

img_5579

 

 

あとは、ガスが使えるのであればガス式乾燥機の「乾太くん」なんかもオススメかも。→http://home.tokyo-gas.co.jp/living/other/kanta/

一度イベントで使わせてもらいましたが、ガスならではのパワフルな乾燥で、乾燥時間は短く、タオルや衣類のふっくら感は電気式の乾燥機よりもふっくらという印象を受けました。

 

というわけで、今回は乾燥機についてお伝えしました。ただ乾かすだけではない、乾燥機を導入したフワフワ・シワなし洗濯。ぜひ検討してみてください。