今回は、ユニクロエクストラファインメリノセーターの洗濯のコツをご紹介です。

ユニクロの定番商品の一つとも言えるこのメリノセーターシリーズですが、マシンウォシャブルで手入れも楽ってことで、愛用している人も多いのではないでしょうか??

「洗濯機で15回洗っても変化なし」ってことで、ユニクロのホームページなどにも出てますよね。

ユニクロの服は耐洗濯性が高くて驚くものも少なくないですが・・・(笑)それでも、全く変化が起こらないわけではなく、ニットの場合は特に首、袖口、スソ周辺は収縮が起こりますし、表面も若干毛羽たちが起こります。ただネットに入れて普通にドライコースで洗濯して乾かしただけだとこんな感じです。

img_1648

img_1646

img_1644

 

実際着ちゃえば特に気にならないし、全然これで問題ないよって方は、それでいいのですが・・・(笑)僕なんかは着るときにちょっと気になる。だから、洗濯後には必ずアイロンをかけます。「ニットってアイロンかけていいんですか!?」ってけっこう言われることあるんですが、アイロンをかけることで、縮みを解消できたり、表面の毛羽たちを抑えられるので、絶対かけたほうがいいです。ニットなんかはスチームをたっぷり使って仕上げると、シワも伸びやすくふんわり仕上がるんですよ〜。いつも言っていることですが、洗濯の仕上がりの差を分けるのは、洗い方よりもアイロンでの仕上げ方です。

 

実際にアイロンで仕上げた後はこんな感じになります。

img_1649

img_1647

img_1645

こんなふうに仕上げておくと、このセーターも15回はおろか30回洗濯してもキレイなまま着れるので、洗濯後の変化がちょっと気になるな〜、洗濯後も、もうちょっとキレイめに着れたらいいな〜って方は参考にしてみて下さい!

 

●洗濯方法

|1.

汚れている箇所がないか確認したら、軽くたたんで洗濯ネットへ入れる。

img_1636

 

|2.

おしゃれ着用の中性洗剤を溶かす。できれば洗濯機に水をためたところに入れてあらかじめ溶かした後、セーターを入れて手で軽く沈めて洗剤液を通しておく。こうすると洗いムラが起こりにくくおすすめです。

img_1637

 

|3.

洗濯が終わったら、乾かす。↓の様なカタチで平干しがオススメ。

img_1638

 

 

|4.

乾いたらアイロンをかける。スチームをたっぷり含ませ、縮みを伸ばすように軽く引っ張りながら。

アイロンはギュッと押さえつけず、表面スレスレを軽く撫でるようにかけるとgood。

img_1639

 

スソ周辺。

img_1640

 

襟元。

img_1641

 

 

|5.

全体にかけたら軽くたたむ

img_1642

 

 

|完成

アイロンをかけると、売ってる状態と変わらないかも!?(笑)

img_1643

 

|動画もあわせてどうぞ!