今回は、友人のMooRERのダウンジャケットを洗濯しました。買ってから3年以上洗っていなかったらしいです(笑)

ダウンと聞くと、洗うのに戸惑っちゃう人も多いですが、意外と洗えちゃうものも多いんですよ。MooRERといえば、イタリアの高級ダウンブランドですが、このダウンも洗濯表示は洗濯可能な表示になっていました。

ダウンの場合はちょっと手をかけてあげれば、洗うこと自体はそれほど難しくないです。ただ、乾くまでに時間がかかりがちなので、乾燥がちょっと大変だなって感じです。

僕は、洗濯の仕上げ用に乾燥機を導入することをオススメしていますが、乾燥機あるとふんわり乾いていいですよ〜。→参考:タオルのふんわり感が1.5倍にアップする、乾燥機仕上げのススメ。

 

では、早速洗います!

|1まずは、汚れのひどい部分を洗う。

ダウンなどは、襟元、ポケット、すそなどが汚れやすいので、その部分に固形石鹸を塗り込み洗濯ブラシでブラッシング。生地が痛まない程度に少し強めにブラッシングするのがポイント。

img_2659

 

img_2661

 

img_2662

 

|2 こすった部分をぬるま湯ですすぐ。

 

img_2663

 

|3 汚れのひどい部分を下洗いしたら、洗濯機で洗う準備。

熱いお湯を足して、30〜40℃のお湯にすると、汚れやニオイが落ちやすくなります。今回は、3年分の汚れを落とす意味でも、40℃くらいのお湯にして、すっきり洗うことを考えました。

img_2664

 

おしゃれ着用中性洗剤をあらかじめよく溶かしておきます。

img_2665

 

ダウンを洗濯機へ入れて、軽く何度も押し沈めます。縦型の場合はこうしないと浮いてしまってうまく洗えません。

img_2666

今回は、洗い始める前に、そのまま30分ほどつけ置きしておきました。

img_2667

|4 つけ置き後、ドライコースなどのデリケートで洗えるコースで洗う。

すすぎの最後に、柔軟剤を使用。

img_2668

 

|5 洗濯終了後ハンガーにかけて干す。

干した時に、スチームアイロンしておくと小じわが伸びやすく、乾き上がりがキレイになります。

img_2669

 

|6 ある程度乾いたら、乾燥機で乾燥

ハンガーで干すだけではダウンのボリュームが戻りにくいので、できれば最後に乾燥機を使うのがオススメ。

img_2670

 

|完成!

 

img_2673

img_2671

洗う前、ペチャンコだったボリュームも、ふんわりと。

img_2672

 

|動画もあわせてどうぞ!