今回は、僕のトレードマークでもある、白シャツの洗い方をご紹介します!

洗い方のちょっとしたコツ、アイロンがけのポイントを覚えれば、ご自宅でもクリーニング屋さんのように真っ白で気持ちよく、シャツを洗濯できますよ!

 

|1、襟や袖口の汚れをクレンジング。

襟や袖口は汚れがつきやすい部分なので、あらかじめクレンジングをしておく。

※関連ページ

→ 洗濯機で落ちにくい汚れもスッキリ落ちる、中村式ベースクレンジング

スクリーンショット 2016-05-13 9.52.51

 

|2、粉末洗剤、粉末の酸素系漂白剤で洗剤液を作る。

40〜50℃のお湯を3L程度用意して、そこに粉末洗剤を大さじ1、粉末の漂白剤を大さじ1〜2入れて洗浄液を作る。

※関連ページ

→ 中村式 洗剤・漂白剤・柔軟剤の選び方

→ 中村式 漬け込み洗い 3つの「温浴」テクニック

スクリーンショット 2016-05-13 9.53.46

 

|3、作った洗剤液で30分程度「温浴」させておく。

30分程度漬けたまま置いておき、「温浴」をさせる。皮脂や溜まった汚れなど、いわば服の「毒素」を抜きます。

スクリーンショット 2016-05-13 9.55.26

 

|4、30分「温浴」した後、洗濯機へ。

30分後汚れを確認して、キレイになっていれば洗濯機で洗う。

洗剤液ごと、洗濯機へ入れ「洗い5分、濯ぎ2回、脱水1分」で設定。

スクリーンショット 2016-05-13 9.56.06

 

|5、形を整えて干す

洗い上がったら、シャツを振りさばいたり、引っ張ったりして形を整えて干す。

スクリーンショット 2016-05-13 9.56.57

 

 

乾いたらアイロンをかけましょう!

 

 

|6、まずは襟からかける。

シャツは大きな流れとしては、襟→袖→胴体とアイロンがけを進めていくのがオススメ。

まずはエリから。

スクリーンショット 2016-05-13 9.58.59

 

 

|7、袖を掛ける前に、ボタン部分を裏からかけておく

ボタンが付いている部分を裏返してアイロン台に置き、裏からボタン部分をかけておくとボタンを避けてかけなくて済むので楽にピッと伸ばせます。

スクリーンショット 2016-05-13 10.00.08

 

|8、袖をかける

袖は、まずカフスから。裏表かけるとよりキレイに仕上がります。

スクリーンショット 2016-05-13 10.01.06

 

縫い目を起点にしっかり揃えて、手で整えた後、アイロンを走らせる。

スクリーンショット 2016-05-13 10.03.25

 

袖のタックの部分をかける時は、アイロンを持たない方の手で、少し引っ張りあげる。

張りを作ったあとでアイロンを乗せるようにすると、シワもできにくくキレイに仕上げる。

スクリーンショット 2016-05-13 10.04.43

 

 

|9、胴体をかける。

胴体はまず背中を内側からかける。

アイロン台に乗るだけ(半分だけ)かける。

スクリーンショット 2016-05-13 10.05.52

 

キレイになった背中の上に前身頃を重ねてかける。

スクリーンショット 2016-05-13 10.08.12

 

前身頃をかける時は、まず首・肩周辺をかける。

スクリーンショット 2016-05-13 10.09.12

 

その後、胸から下辺りをかけるようにする。

 

|10、最後にたたむ。

全てかけ終わったら、ボタンをひとつ飛ばしくらいで留め、えりも折って形作る。

スクリーンショット 2016-05-13 10.11.27

 

裏返して、襟の裏側に生地を集めていくような感じでたたんでいく。

スクリーンショット 2016-05-13 10.13.01

 

 

|完成!!

スクリーンショット 2016-05-13 10.13.26

 

 

 

|最後に動画をどうぞ!