洗濯家・中村祐一の「心地よい洗濯の教科書」

日常生活と切っても切れない洗濯―。でも、ほとんどの人が漠然とやってしまっているのも、この洗濯という行為ではないでしょうか??これは、衣食住という日常の根幹をなす行為において、「食」「住」の分野に比べ、「衣」の分野だけ、現代において見落とされたままになっているからではないかと、僕は常々考えています。例えば、「食」の分野では、料理研究家、フードコーディネーターを始め、様々な料理の専門家の知恵が家庭に入り、美味しくて健康的な食事が豊富です。また、「住」の分野。整理収納アドバイザー、インテリアコーディネーターなどなど、多くの専門家の知恵により、住み心地や生活の効率が向上していますよね。しかし、衣の分野には、提案が圧倒的に不足していないでしょうか??服を買うところまでは、スタイリストやショップスタッフなどがコーディネートしてくれるかもしれません。しかし、一旦家に入った後、服を脱いで次に着る時までの「衣」に関する情報、技術、提案は家庭に圧倒的に足りていないと思いませんか??この、「心地よい洗濯の教科書」では、僕が何を使って、どう洗濯をしているのか?お伝えしていきたいと思います。洗濯を1から見直すきっかけになることを願って。

 

目次

僕が選んだ道具たち

乾燥機-HITACHI DE-N60WV-

 

---Coming Soon----------

・ハンガー

・洗剤

・洗濯小物

 

洗う。

・一日の中で、洗濯の時間を確保する。生活のリズムが生まれる

・洗濯機の洗浄力は要らない、洗濯機に入れる前に勝負をつける。

・水で洗わない、お湯で洗う。

・脱水は3分まで。

 

干す。

・部屋干しこそ至高と心得る。
・乾燥機を必ず導入する。
・ハンガーは、幅と厚みとクリップで選ぶ。

仕上げる。

・中村式アイロンの基本技法

・Tシャツにアイロンをかける

・Yシャツにアイロンをかける

・パンツにアイロンをかける

 

丁寧に洗う「服磨き」。

・ルーティンの洗濯と服を丁寧に洗い、仕上げる「服磨き」

・白いシャツを真っ白に洗う方法洗い方

・色落ちしないジーパンの洗い方