Mission

VISION

家庭に「洗濯」を伝え、セカイに「本物の洗濯文化」を創り出す。

日常生活と切っても切れない洗濯。でも、ほとんどの人が漠然とやってしまっているのも、この洗濯という行為だと僕は思う。


衣食住という日常の根幹をなす行為において、「食」や、「住」の分野に比べ、「衣」の分野だけは扱い方を未だ誰も定義をしていない。

服を買うところまでは、スタイリストやショップスタッフなどがコーディネートしてくれるかもしれません。

しかし、一旦家に入った後、服を脱いで次に着る時までの「衣」に関する情報、技術、提案は、今この時代においてまだ、圧倒的に足りていない。

世の中には、洗濯"らしきもの"はあるが、本当の意味での「洗濯文化」は出来上がっていない。

 だからこそ・・・

家庭に「洗濯」を伝え、セカイに「本物の洗濯文化」を創り出す。

僕は、この一点に、文字通り「命を懸けて」取り組んでいます。

 

漠然とやっている「洗濯」に意識を向けてもらい、

「洗濯」から、ひとりひとりの意識や暮らしを変える。

 

意識や暮らしが変わる人が、ひとり、ふたり、と増えたら、やがて社会が変わる。

だから、「洗濯」はセカイを変えられる。 

そう信じています。

 

政治家が「政治」でセカイを変えようとしているように。

音楽家が「音楽」でセカイを変えようとしているように。

料理家が「料理」でセカイを変えようとしているように。

洗濯家の僕は、「洗濯」でセカイを変えて行く。