VISION

「洗濯」から、ひとりひとりの「意識」や「暮らし」を変える。

今の世の中って、どう考えてもおかしな基準で物事が図られていると思う。
何かに付けて「お金」で基準が図られる。どれだけお金が儲かるか?だけで作られたセカイだと言っても過言でない。

その視点で行くと「洗濯」は、最も軽視されてきた行為の一つだと思う。できるだけテキトーに短時間で片付ける方が良いとされてきた。
僕も、「洗濯家」という肩書や、「洗濯を教える」という活動に、「ナニソレモウカルノ??」みたいな目を向けられてきたことも少なくない(笑)

でもね・・・

「心を込めて手入れをし、一つのものを大事に大事に長く使うこと。」

「家族や大切な誰かのために愛情を込めて洗濯をすること。」

これ以上に尊い、人間的な行為はないだろ??

そんな風に僕は感じています。

「ちゃんと洗濯する。」たったそれだけのことをやろうとした時、実は考えることってものすごく多い。

服の素材について、洗剤について、電気について、水について、排水後の環境のこと・・・上げていったらキリがない。

だから僕は、多くの人が漠然とやっている「洗濯」に意識を向けてもらうことで、ひとりひとりの「意識」や「暮らし」を「洗濯」から変えていきたい。

意識や暮らしが変わる人が、ひとり、ふたり、と増えたら、やがて社会が変わる。

そうなれば、「洗濯」からだって、セカイは変わるでしょう??というのが僕の仮説でありヴィジョンだ。

 

政治家が「政治」でセカイを変えようとしているように。

音楽家が「音楽」でセカイを変えようとしているように。

料理家が「料理」でセカイを変えようとしているように。

洗濯家の僕は、「洗濯」から、セカイを変えていこうと思っている。

日常生活と切っても切れない洗濯。でも、ほとんどの人が漠然とやってしまっているのも、この洗濯という行為だと僕は思う。

衣食住という日常の根幹をなす行為において、「食」や、「住」の分野に比べ、「衣」の分野だけは扱い方を未だ誰も定義をしていない。

服を買って着るところまでは、スタイリストさんやショップスタッフの人などがコーディネートしてくれるかもしれない。

しかし、一旦家に入った後、服を脱いで次に着る時までの「衣」に関する情報、技術、提案は、今この時代においてまだ、圧倒的に足りていない。

世の中には、洗濯"らしきもの"はあるが、本当の意味での「洗濯文化」は出来上がっていない。

僕は常々、そんな風に思っている。

"洗濯をして、服を長く着る”。そこからセカイは変えられる。

世界には現在、服の生産に従事している人々がおよそ4000万人ほどいると言われていて、同時に低賃金による搾取や労働者や女性の権利、人権の侵害などの行為が日常的に存在しているとも言われてる。

また、衣服にも多く使われる綿の生産過程では、世界の農薬の18%、殺虫剤の25%が使用されていると言われ、これらの化学物質が土壌や人間の健康に与える影響については十分なテストが行われていないことも多いと聞く。

こうした苦労があって、しかも犠牲を払ってまでつくられた服であるにもかかわらず、現在、日本では衣類廃棄量が年間約100万トンにもなっている。枚数にすると実に33億着の服が毎年廃棄されているというデータ※すらある。(※独立行政法人 中小企業基盤整備機構調べ)

こういった事の問題に気づき始めて、つくる人が、適正な報酬・権利を得られることや、服を構成するものが、環境負荷が少なく安心安全なものからつくられることの重要性は、少しずつ世の中で議論が深まってきているのを感じる。

ただ、「サスティナブルな衣生活」において、一番決定的になる部分を語る人はほぼいない。

それは「つくられた服を、より長く愛用していく」ということだ。

エコな〇〇とか、サスティナブルな〇〇とか、分解性の良い〇〇とかをうたってつくったとしても、大量に買ったり、短期間で捨てたりするのであれば、結局何も変わることがない。

「どんな原料で作るか?」「着なくなった後どうなるか?」ばかり言われ、「繰り返し繰り返し着るためにどうするか?」が、すっぽり抜け落ちたままでは、ほんとうの意味で「サスティナブル」にはなっていかないのではないだろうか??

モノがあふれている今この状況からであれば、新しいものを開発するのではなく、必要ない生産はしないと決めて、「今ある服を長く大事に使う」このことの方が先だと僕は思っている。 

「洗濯」はこれから大きな役割を担うと信じて、僕は「洗濯」を伝え続けている。

 
 
世の中の人の衣服に対する意識、洗濯に対する意識が変わった時、セカイは大きく変わる。
 
少しずつしか伝わらないかもしれない。

でも、それがひとつひとつ積み重なり、多くの人に「洗濯」が伝わっていった時、本当にセカイは変えられる。

僕はそう思う。

 

だからこそ・・・

家庭に「洗濯」を伝え、セカイに「本物の洗濯文化」を創り出す。

この一点に、文字通り「一生の命を懸けて」取り組みたいと思っている。